お子様の治療

みらい歯科では、大切なお子様の歯をできるだけ削らず、むし歯にならないように予防していくことが最も大切だと考えています。当クリニックでは、むし歯になってしまう前段階からお子さまのむし歯の予防に取り組んでいきます。
大切なことは、お母さまが子供のむし歯になりやすい場所をあらかじめ知っておくことで、子供の歯をむし歯から守ることができるということです。

みらい歯科のお子さまの治療

お母さまと一緒にお子さまの歯を守ります。

むし歯になってしまった場合は、残念ながら削って詰める必要があります。また、むし歯のあるお子様は、まず、むし歯治療から始め、治療が終わってから今後むし歯にならないように定期的に予防処置をしていきます。

「痛い」と言ってからでは遅いです。

子供のお口の中の特徴は、生えて、抜けて、また生えるといったように大きく環境が変わることにあります。それに伴い子供のむし歯はその状況、環境、さらに時期によってできやすい場所が異なります。また、むし歯の進行が大人に比べて早く、初期の段階で見つけにくいため、あっという間にむし歯が進行してしまうこともよくあります。「歯が痛い!」となった場合、むし歯菌が神経まで達していることが多くあります。こうなると大人と同じように麻酔をして神経を取る治療が必要です。神経を取る治療はその都度お口を開ける時間も長く、また通う回数も多くなります。また保険治療では銀歯を入れなければならないし、さらには歯自体も弱くなってしまう。そして治療費も詰めるだけの治療よりも余分に必要です。大切なお子さまにそんな大変な思いをさせてはなりません。

みらい歯科では痛みを最小限に抑えます

麻酔注射など必要な場合には、表面麻酔を行います。また、極細の注射針を使用し、痛みを少しでも緩和するよう努めています。麻酔の急激な注入でも、その圧力で痛みを感じてしまうため、できる限りゆっくりと行います。

十分な説明と納得の治療をいたします

みらい歯科では、まずお子さまの性格やご両親の希望、お悩みなどを伺って、できる限りご希望に添うようにしています。治療はお子さまをいかに怖がらせずに嫌がられずにできるかが、治療の質を決める最大のポイントになりますので、いろんなことに細心の配慮をしております。

お子さまの負担を減らします

みらい歯科の診療台には大型のモニターがあります。レントゲンや治療内容をご説明するための写真やアニメーションを映し出すことができます。そのモニターでお子さまには癒しの動画を見て見ながら治療を行うことができます。お子さまに少しでも安心していただくための工夫を行なっています。

予防という考え方

お子様の通院回数を減らすには 定期的なフッ素塗布と予防管理をオススメします。

多くのお母様は、お子様にむし歯ができてから、もしくは歯が痛くなってから歯医者さんに連れて行かれることが多いのではないでしょうか?実は、こういった場合、お子様には気づかないうちにたくさんのむし歯ができていることがほとんどです。
お子様の場合、集中力が続かない、長い間じっとしていられない、長い間お口を大きく開けられない等の理由で、たくさんのむし歯の治療を一度に行うことは大変むずかしいので、どうしても来院回数が多くなってしまいます。

ゼロ歳からのむし歯予防

生後6ヶ月頃から乳歯が生え始め、この頃にむし歯菌が赤ちゃんのまわりにいる人から感染します。感染時期が遅ければ遅いほど子どものむし歯になりにくくなります。大切な赤ちゃんにむし歯菌をうつさないために、赤ちゃんのまわりにいる人はお口のクリーニングが必要です。
須賀川みらい歯科クリニックでは妊娠中からご夫婦でお口のクリーニングにお越しになるようにお勧めしています。また、乳歯は永久歯に比べてむし歯菌の出す酸に溶けやすいため、むし歯になりやすい特徴があります。特に自分で十分な歯磨きができないうちは、お父様やお母様が仕上げ磨きをしっかりとしていただけるようにお話ししています。

フッ素塗布について

フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。
①歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
②脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
③フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食を避けます。
(溜まったつばは吐き出してください。)
これを年に3~4回実施します。ご家庭ではフッ素入りの歯磨き剤の使用がおすすめです。

シーラントについて

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯ができやすいところです。ここに樹脂でふたをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので安心の予防処置です。